CRO転職サイトランキング

CROへの転職をお考えなら

今や新薬開発においてCROは欠かせない存在となっているCRO。これからも業界の拡大は予測されておりまだ人員が不足している状況と言えるでしょう。転職をお考えなら今がチャンスかもしれません。

リクルートエージェントなら、そんなCROの求人もしっかりカバーしていますので転職準備には最適のサイトです。まずは気軽に専任のスタッフに相談してみることをおすすめします。もし薬剤師資格を持っている方がいればリクルナビ薬剤師などの専用サイトを使いましょう。

CROの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
CROの求人を探すなら、業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです。掲載されている求人数は転職エージェントのなかでも最大級であり、転職支援の実績も業界ナンバーワンの高い評判を誇ります。全国エリアに対応しており、CROの求人は公開されているものだけでもゆうに100を超えます。そのほか非公開求人も多数あり、その企業の社風や選考のポイントまでわかる詳細なリポートもあります。キャリアアドバイザーによる面接対策も万全の体制です。

DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
パーソルキャリアが運営する業界第2位の規模の転職エージェントがDODAです。転職エージェントだけでなく求人サイトの役割も兼ねており、数多くの求人が常に公開されています。CROの求人で公開中のものは全国に500以上、さらにその数倍の非公開求人もあり、上場企業が多いのも特徴です。スカウト機能や年収査定サービスなど、ご自分に最適な職場を見つけるためのツールが揃っているところにも注目です。専任のキャリアコンサルタントが、履歴書の書き方から入職後のアフターフォローまで転職活動をしっかりサポートしてくれます。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントは、新卒者の就職サイトで実績のあるマイナビが運営する転職エージェントです。CROのような専門性の高い求人にも、それに特化したコンサルタントが付いてくれるので、業界内の深い情報を知るのに役立ちます。登録者数では業界最大手のエージェントには引けを取るものの、その分一人一人の求職者に対して手厚いサポートが提供されています。転職セミナー、転職相談会、女性専用のコンサルタントなど、求職者を応援するサービスでは他社をしのぐ充実ぶりです。

上記のランキングは薬剤師などの資格を保有していない方が登録すべき転職サイトです。もし薬剤師資格がある方は下記のサイトをチェックしましょう。

薬剤師の資格保有者はこちら!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師の方でCROへの転職を目指すならリクルート系列のリクナビ薬剤師がベストな選択。上記のような一般的な転職サイトよりも薬剤師事情に詳しい担当者が多いので話がスムーズに進みます。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師の方で「リクナビ薬剤師だけでは不安」という方はマイナビ薬剤師も併せて使ってみましょう。CROへの人材斡旋実績も多いですしリクナビと並ぶ大手の転職サイトなので利用価値は高いです。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフはいわゆるリクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師のような人材系企業が運営するサービスではなく、自社で薬局を経営している会社が提供しています。CROへの転職と併せて調剤などの求人も提案してくれるでしょう。

CROの転職事情は?

治験のアウトソース化が進んだことで、治験業務を受託・代行するCROに対するニーズが年々高まっています。ニーズの拡大に合わせてCRO企業も人員を拡大させていますが、昨今の市場成長スピードが予想以上に速いために、いまだ絶対数が足りていないようです。

製薬会社における中途採用では、即戦力となる経験者を採用することがほとんどですが、CROでは上記の事情もあり、CRA(臨床開発モニター)、治験プロトコール、QC(品質管理)、DM(データマネジメント)などで未経験者を積極的に採用しています。各企業に新人育成のノウハウが蓄積されてきたことがこの傾向を後押ししているのでしょう。そのおかげで、CROへの転職は、専門職にも関わらず未経験者への門戸が広く開かれており、充実した研修が受けられるということで、経験の浅い方でもどんどんチャレンジしているのが現状です。

そのような状況だからこそ、経験者にはかなり有利な状況だと言えるでしょう。CROでも医薬品メーカーでも、現在はCRAの経験者を求める案件が増えてきているので、3〜5年の経験があり、転職回数が少なく年齢の若い方であれば、かなり転職活動が有利に進められると予想されます。

応募企業を決める際には、各企業の将来性を慎重に検討しましょう。治験のアウトソーシング化が進んでいる昨今ですが、製薬会社は大手企業や実績のある企業を選んでいるので、実力の足りない企業ではこの隆盛の激しい業界のなかですぐに淘汰されてしまいます。せっかく転職を果たしても、その企業がすぐにつぶれてしまったならば、骨折り損にしかなりませんから、企業の基盤を見極めるために情報収集には力を入れましょう。

また、キャリアアップを重視するか、待遇を重視するかということも、転職してCROで長く働くには大きな判断基準です。給与や休暇の取得しやすさを重視するならば大手企業を中心に考えた方がよいですが、スペシャリストを目指すならば、企業規模はそれほど大きくなくても、自分の裁量でできる仕事が多い職場を選ぶ方が将来的に有利です。

ただ、企業の将来性は、売上や従業員数などの情報からだけでは見えにくいものですし、また、キャリアアップの選択肢や育休や産休の取得実績なども、ネット上に公開されている情報からだけではわかりません。いきなり応募するより先に、CROの人に直接話を聞いてから判断したいものです。最近、製薬業界ではカジュアル面談といって、合否に関係ない面談で職場の雰囲気を味わってもらおうという試みが増えてきているようなので、そういう機会をうまく利用して、応募する企業を絞り込みましょう。

CROの採用基準は?

CROの採用基準は、当然ながら応募する職種によって異なります。CRA(臨床開発モニター)に応募するのなら、医学や薬学の専門知識に加え、高いコミュニケーションを有しているかどうかが一つの基準になります。今ではどのCRO企業であっても、コミュニケーションスキルは重視されており、単に専門知識に精通しているだけでは、人気企業であるほど採用は難しくなります。

CRAの仕事は、治験を行う医療機関や製薬会社との間の相互理解と信頼関係によって成り立っています。したがって、治験の責任医師や事務局、協力者とスムーズな意思疎通が図れないようであれば、いくら専門知識が豊富でも臨床試験を進めるのには役立ちません。トラブルが発生する可能性もある治験の現場ですから、いざという時に迅速かつ的確な対処ができるように、高いコミュニケーションスキルを持っている人材が必要なのです。また、特別な資格がなくとも応募可能なCRAですが、コミュニケーションスキルに加え、薬剤師や看護師などの経験があるとさらに有利に働くでしょう。

DM(データマネジメント)の場合、症例報告書や症例登録の作成のために、ある程度のレベルでPCを扱えることは必須です。データベースを設計・構築することも業務に入っているならば、プログラミングといった高度なスキルも必要です。いずれにせよ、データ入力に不自由を感じるレベルでは採用は覚束ないので、特別な資格が必要ないDMではありますが、PCスキルは磨いておきましょう。また、国際的な治験に関わる企業が増えている現在では、英語力を求められるケースもしばしば見られます。外資系のCRO企業や製薬会社が取引相手の場合、最低でも英語で報告書を作成できるレベルには達していたいところです。そのほか、医学や薬学の専門知識が必要な仕事であるため、なんの資格もないよりも薬剤師や看護師の資格がある方が選考では有利に働きます。

また、統計解析や品質管理の仕事もCROの求人によく見られます。統計解析を専門とするのであれば、医学や薬学の専門知識に加え、当然ながら独力で解析レポートを作成できるだけの知識とPC能力は求められます。品質管理の仕事も基本的なPCスキルは要求されますし、それに加えて、他部署との連携がある業務であるため、コミュニケーションスキルが選考では重視されるようです。

結論としては、どの職種に応募するのであっても、CROを目指すなら、基本的なPCスキルとコミュニケーションスキルが必要ということです。


Copyright (C) 2016-2018 CRO転職サイトランキング All Rights Reserved.