CROの転職と志望動機

CRO求人TOP >> CROの転職の基礎 >> CROの転職と志望動機

CROの転職と志望動機

臨床開発の分野では、CROへの転職が最もチャンスがあると言えるでしょう。CRA(臨床開発モニター)、DM(データマネジメント)、治験プロトコール、QC(品質管理)など応募できる職種が多く、CRO企業の数自体、全国的に増加しているからです。だからといって、応募すれば必ず採用されるほどの広き門ではありません。他の業種と比べると難易度は高い方です。そのため、採用されるには、ポイントを押さえた転職活動が必要ですし、志望動機や自己PRなどの準備も入念にしておかなければなりません。

CROでどんな職種を選ぶかによってもポイントは違います。なぜその職種なのか、CROでなければならない理由は何かということを明確にしておき、自分がなぜそれに魅力を感じているかを整理することから始めましょう。病院勤務の薬剤師や看護師からCROへの転職を考えている人には、この点が曖昧であることも多いです。病院での採用基準では、こうした専門職の場合、志望動機の内容より資格と実務経験が優先される傾向にあるので、その感覚でCROに応募すると、志望動機の弱さゆえに選考から外されてしまいます。

CROは病院ではなく企業ですから、転職の理由や志望動機は資格や実務経験以上に重視されます。なぜCROに転職したいのか、前職ではなぜいけないのか、自分に繰り返し問いながら志望動機をじっくり掘り下げていきましょう。これ以上何も出てこないというぐらいまで掘り下げれば、自分にとっての課題が見えてくるものですし、採用面接における応答にも説得力が加わります。近年、CRO業界は隆盛を極めており、数多くの企業が現れる一方で、力のない企業はどんどん淘汰されていっています。そのような状況ですから、なぜその企業でなければならないのかということは、単に面接を突破するためのことではなく、自分の将来に直接かかわることとして突き詰めておかなければならないことです。

企業としても、ミスマッチな人材を採用しないために、さまざまな質問を用意しています。その一つ一つに具体的に応えられる人だけが面接を通過するので、企業が自分のどんな点を評価してくれるか、どんな点を懸念に思うかを予測し、それに対する策を練らなければなりません。それには入念な企業研究が前提になりますので、CRO業界のことを日ごろからよく調べておきましょう。また、CROへの転職は、経歴はもちろんのこと人物面も非常に重視されます。それをアピールするのに志望動機の作成は絶好の機会ですから、とことんまで自分の内面を掘り下げていきましょう。

CROの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 CRO転職サイトランキング All Rights Reserved.